MENU

創業 寛永二年

寛永二年(1625年)、徳川三代将軍家光公時代、献上品として殊の外喜ばれ、
徳川の「徳」の字を賜り掲げる「山徳」の称号。
やげん堀の七色唐辛子は、初代からしや徳右衛門が漢方をヒントに考案しました。

昔ながらの工法にこだわり、辛さ、香りを守るために考え抜かれた製造方法は、今も大切に守られています。

やげん堀の七味唐辛子は、確かな歴史と技術であなたの暮らしの中の「食」に彩りを添えます。

お客様のお好みに合わせた調合販売

ふぁっと七味唐辛子の香りが漂う店内。
「いらっしゃいませ!何にいたしましょう」

「七味の大辛で、ちょっと山椒効かせて…」
「私はぬり缶容器共で、中辛、麻の実抜きでお願い」

やげん堀ならではのお客様の好みに合わせた調合販売は、辛さ、色合いだけでなく、
香りもその場で確かめることのできる独自の販売方法です。
調合したての香りをぜひ店舗にてお試しください。

昔ながらの独自の製造方法

昔ながらの工法にこだわり、辛さ・香りを守るために考え抜かれた製造方法は、
お店からの注文を受けてからの焙煎・加工・配合と鮮度を保つために徹底した生産ライン。

他社では行っていない直火による窯での火入れ。
唐辛子は辛味と旨味が特徴のものと香ばしく辛味はマイルドなものの2種類を製造。
2種類の唐辛子により、よりピリッとした辛さが引き立ちます。

WHAT'S NEW

新着情報

WHAT'S NEW LIST
PAGE TOP